スポンサーサイト

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


10分で理解するデジタル一眼レフカメラでの夜景撮影

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※

※以下の記事は新ブログにて見やすく書き直し&加筆しています。
よろしければそちらの方をご覧下さい!

↓↓↓

[写](再掲)10分で理解するデジタル一眼レフカメラでの夜景撮影 | しろべや








おひさしぶりです。
だいぶ日が開いてしまいましたが、その間1つ書いておきたいエントリをすっかり忘れていたので
今日はそれについて書こうと思います。

DSC_0891

何かと言えば夜景、主に今回はイルミネーションの撮り方。
メモ書きがてら忘れないうちに記録。

全体的なマニュアル設定に関しては、こちらのサイトを参考にしました。→Yakei.jp内「夜景撮影のイロハ

以下ほぼ引用に近いですがざっとわかりやすくまとめ書き。
ちなみに使用機器は Nicon D300、三脚を使用しています。


【カメラ本体】


 R0010390.jpg
 露出モード(本体上部ダイヤル)を「M(マニュアル)」にする

 R0011291.jpg
 フォーカスモード(カメラ正面レンズ脇レバー)を「M(マニュアル)」にする
 
 R0010390のコピー
 測光モード(背面ファインダー右)を「マルチパターン」にする。
 
 レリーズを使用しなければ、セルフタイマーを設定・使用する(2秒を使用)
 ISO感度を100に設定。強風等振動が出やすい環境の場合はISO感度を上げる
 ホワイトバランスを「オート」または「色温度設定で4000~5000k」に設定。 (数字が上がるほど赤みが出る)


【取付レンズ】

 R0011286.jpg
 撮影モードスイッチ「M(マニュアル)」にする。
 手ぶれ補正機能があれば「OFF」にする。
 レンズのフォーカスリングを「∞」にあわせる。
 
以上で本体、レンズの設定は終了。
撮影に入ります。

・絞りをf8にあわせる。

・ファインダーを覗き、内部に現れる下部インジゲータを見ながら
 インジゲータが中央(0)に来るようにシャッター速度を調節する。
 R0011292.jpg
 シャッター速度を30秒にしても中央に来ない場合、
 30秒のままで今度は絞りの方を開放していく。

・絞りがここでf4以下になってしまう場合
 f5.6(ある程度シャープさを保たせるため5.6から下げない)に設定して
 BULB撮影を行うインジゲータ-0.5表示45秒、-1表示で60秒、-2表示で120秒。

・撮り終わったら、露出を変えながら数枚撮影する。
 インジケータの目盛りを-1、+1、1.5にあわせて撮るとよい。


以下実際に撮ったものがこれになります。

DSC_0878
※上の写真の詳細な撮影情報は→こちら。

DSC_0706
こないだ撮った丸の内イルミの写真(上の写真)よりだいぶ晴れやかに、かつシャープめにとれたと思います。
(手持ちだったためシャッタースピードを下げられなかったのもありますが)
素人も素人なりにちゃんとテクニック通りに調節して撮れば、これだけ違いが出るものなのかとびっくりしました。

三脚をクリスマスシーズンのイルミネーションが盛んになる時期にあわせて購入したのですが
これのお陰でだいぶ撮れる範囲が増えたような気がします。
夜も慣れないと感覚が掴めないので、とにかくたくさんとって覚えていこうと思います。

次回はイルミネーションの写真なども・・・。つづく。
関連記事

FC2ブログテーマ:ニコンphoto ジャンル: 写真
Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。