スポンサーサイト

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


[PC]デイラック社Noahシリーズのケース(AtomD510マザー)で録画専用機を作りました

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
pt2_11.jpeg

コレに関して新規にエントリ書き直しました(当記事が最新です)。
自宅でPCでTV見たい人向け。

今回扱ったのはベアボーンですが、
DIRACのNoahシリーズのケースなので
それを使用しようと考えてる方にも参考になれば。

※前提

・省スペース
・低電力
・ファンレス
・=静音
・=ハイスペックじゃなくてもいい
・動画エンコは別PCで

Noah Station AT510。
http://www.dirac.co.jp/dirac/noahat510.html
Intel社Atom D510を搭載したベアボーンキットです。
デュアルコアの最近出たタイプみたい(2010.2月時点)

同型ケースのみの販売もあります


<スペック>


PT2以外はクレバリーからまとめて購入。

Atom D510 1.66Ghz (Noah Station AT510) 実売24,000弱
win7 64bit (DSP版。HDDとset) 12,000円
メモリ 4GB (CFD/W2U800CQ-2GL5J (DDR2 PC2-6400 2GB 2枚組) 実売8000円弱
HDD 1.5T WESTERN DIGITAL WD15EARS (1.5TB SATA300) 実売8000円弱

PT2 (チューナー。各パーツ・PCショップ等で購入) 実売16800円程度

大きさはアマゾン箱を少し分厚くしたような印象かな。
動作はメモリのせいなのかマザーのおかげなのかwin7のせいなのかよく分からないけどすごい軽い
64bitが初なのでいろいろと使用感慣れないところはまだまだありますが恩恵のほうが大きい
あとマザーファンレスなのでほぼ無音なのがいいですねー。
ケースファンが小さいの1個ついてるけどほとんど音しないので毎日安眠


<組み立て>

pt2_01.jpeg

といってもほぼ出来上がってるので、メモリとHDD、PT2を刺して、win7をインストするだけ。
楽!!!

pt2_02.jpeg

中身。PT2自体も小さいカードなのですが、そのカードとのサイズ比較、分かるでしょうか。
本体がとにかくコンパクト。
人によってはコードの取り回しが少しわずらわしいかも。

pt2_03.jpeg

PT2さしたとこ。
PT2は向きに気をつけてください。
物理的にカードの向きが合わないので、拡張のためのライザーカードを刺して、そこにPT2を刺します。

pt2_06.jpeg

ライザーカードは、本体にザックリと、金色の部分が見えなくなるまで刺しましょう…。
ちゃんとさしてなくて認識ミスが起きてしまいました。とほほ。

カードを刺し終わったら、上の画像のようにPT2を刺して、おしまい。

pt2_04.jpeg

3.5インチHDD装着。完全にHDD(黒い部分)が、PT2(銀色の部分)と密着するので、どうしても嫌だという方は
2.5インチHDDかSSD使うのも手かと。

<注意するところ>

とにかく本体がコンパクトなので

・取付順番
・接触不良



この2つ。
初めてのコンパクト機だったので3回ほどつまづいて泣きました。


<取付後裏面>

pt2_05.jpeg

こんな感じです。シンプル。

<このPCで使用しているソフト>


TVtest(視聴)
TVRock(録画)
Spinel(TV映像LAN配信用=ネットワーク上のどのPCでも見られるようになる)

基本はこの3つで。
それぞれ設定めんどいですが一度使えるようになればあとは動かしっぱなしなので楽。

※録画した映像をエンコードするときは別途エンコードソフトが必要になります。


pt2_09.jpeg

あとはちょちょいとOSインストして…
(接触不良が多いのであけたままOSインストしました・・・。)

pt2_08.jpeg

初のwin7。Vistaライクだけど軽いですね。
そんな感じでセットアップ、完了!



<おまけ>


この新しく完成したPCに、TVのケーブルを追加すると

pt2_12.jpeg

(メインPCに刺してたころの画像です。)
背面がカオスなことになりますので、
気になる方は結束用品を使うのがオススメです。

pt2_13.jpeg

スパイラルチューブ(カカクコムに飛びます)とか、かなりオススメ。
PC別に色分けとかすれば、ひと目でメインのケーブルがどこを通ってるか分かるので便利です。

pt2_16.jpg pt2_15.jpg

あとはツイスト型のケーブルタイもオススメ。(上の画像でも使用しています)
簡単に別の場所に再利用できるし、つけるときも掛けてひねるだけ。

基本はこの2つでPC周りのケーブルをまとめたりしています。掃除のときも便利。


<おわりに>

こんなかんじで、かねてからの希望であった、

「あまりメジャーじゃない作品のシリーズを補完する」(TVRockのお陰)
「録画したPC以外でも録画した映像を見る」
「録画した映像をポータブル機で持ち出す」(iPhone手に入れてからコレがしたくてたまらなかった)
「視聴PCを入れ替えてから視聴する」(Spinel使用)

ということができるようになりました。
PT2はカード一枚+Spinel(フリーソフト)でLAN上のどのPCからも柔軟にテレビが視聴可能なのが本当に本当に便利。
実はこれが一番やりたくてわたしは導入したのでした。
あとやっぱり市販の一般的なチューナーは、ファイルの取り扱いがめんどいです…。

以上、ざーっと写真を含めて詳しく書かせていただきました。
素晴らしきTVライフの幕開けの手助けになりますよう。いじょ!

関連記事

FC2ブログテーマ:自作・改造 ジャンル: コンピュータ
Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。