スポンサーサイト

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


[PC]キャプチャーボードを導入しました(Monster X2&DN-HDMI423使用感)

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
※複数キャプチャ環境については新しく記事を書き直しましたのでこちらをご覧下さい。
[ゲーム][PC]Xbox360とPS3を切り替えて使えるHDMIキャプチャ環境を作りました




m_201010210115044cbf15883527f.jpeg
机がきたないぞー

紆余曲折ありキャプチャ環境を作りました。
キャプボ=ざっくり言うとテレビやゲームの画面をPC内に映し出すものです。
録画したり、静止画像を綺麗に撮れたり、配信したりいろいろ出来ます。

上の写真はメインモニタが繋がっている64bitPCに刺して出力動作確認してたので
キャプチャとプレイ画面が実質逆になってます。

PCモニタでゲームをする人なので、環境構築がHDMI中心ってのが地味につらかった。
比較的トラブルがなく取り入れられる「D端子入力」っていう概念が一切ない所からのスタートで
なかなかスムーズに認識しなかったり切替が面倒だったりでまだまだ謎の多いメディアだなと思いました。

紆余曲折等は追記で。

前々からキャプチャカードは欲しいなーと思ってたパーツの1つだったのですが
(ROプレイ動画をUPしてたはるか昔から欲しいなとだけは思ってたけど全然手が届かない値段なのであきらめてた)、
友人と新しく出るForza(自車デザインが出来るレースゲー)の痛車制作の話をしていたところ、
「キャプチャあった方が痛車制作が楽でいいよ」と言われたので
完全に目的と手段が逆転してますが購入することにしました。

値段も調べてみたらなんと汎用タイプが2万割ってる。つまり1万弱。

■買ったもの



今回購入したキャプチャはこれ。入力はHDMI・D端子・ステレオジャック(アナログ変換用コネクタ付)です。
Blackmagic Design INTENSITY Proと迷ったんですが
周りに持ってる人が多かったのと出力機能は使わなさそうなのでmonsterX2に。

そしてもう1つ。わたしは「2画面同時出力して、片方は直接モニタに、片方はキャプチャ用PCに表示
という形式にしたかったので分配機を買いました

キャプチャ画面を直接見ながらのゲームプレイは、PCスペックにも左右される上
配信時に大解像度でやっていると色々とエンコの面で面倒になります。
そしてなによりも、微々たるラグがスピードを問われるゲームだとストレスになるのです…。
そんなにシビアな勝ち負けを問われるゲームはやってないのですが
ちょっとしたラグは絶対経験上イライラすると分かっていたので無難に2信号に分配することに。



上海問屋から買えるDN-HDMI423というスプリッタ&セレクタです。
安くお手軽に導入出来そうだったので迷わずこれを購入。
動作報告もいくつか出てるしまあ失敗してもあまり泣かない値段なので。

m_201010202115574cbedd7d8807a.jpeg

というわけで届きました。

パーツ届くとワクワクするけど
大体オールグリーンで動くことが少ないのでドキドキする!!!
デバイスインストしてる所までは楽しいんだけどね~。

■DN-HDMI423を接続してみた


m_201010202117454cbedde9558eb.jpeg
スプリッタとても小さい。箱○のソフト(DVDケースサイズ)の半分ぐらいですかね~
しかもこのスプリッタ、HDMIケーブルが2本と、リモコンまでついてきます
電源をオンオフする機会が多くなりそうだなと思ってたのでこれは嬉しい!
ケーブルもついてるし安上がり!

m_201010262104404cc6c3d8500a1.jpeg
倒しても問題ないのでたてて使ってみたり。
けっこう省スペースでいいかも。

360.jpg

構成としてはこんな感じ。
スピーカーがあるかないかぐらいで2出力したい人のオーソドックスな構成だと思います。
音も純正AVケーブルでアナログと光デジタル同時出力。分配器いらずですね。
この通りに繋いでいけば一応完成。




m_201010202136444cbee25c3e845.jpeg
後ろつけたとこ。
向かって右のケーブル刺さってるのがグラボで、左がキャプチャです。

■DN-HDMI423使用時に気をつけること

キャプチャ出力まで、ハード的な問題は特におきなかったんですが
・スプリッタ/セレクタの関係で箱→モニタ→キャプチャPCの順番で電源を入れる事
これを守らないと画面が出ない時が非常に多いです。
信号弱くなるんでしょうかね~守れば特に問題ないんですが。
電源を入れる順番はスプリッタを挟むと重要になるようなので気をつけないといけませんね。
キャプチャ映像自体はくすのき・アマレコTVで出力確認したので一応ここでひと段落。

余談ですが、HDMIって1対1で接続することを想定したメディアらしいので
あまりスプリッタの種類が出回ってないのはそういう理由があるみたいです。
環境によってスプリッタはすごく具合が悪かったりするときもあるので、
メーカー製のスプリッタももう少し増えてくれると、幅が増えて嬉しいところですね。

全体的に思ってたより大分安価でキャプチャ環境が構築できたのは予想外で嬉しかった。
2万ちょいでいけるとは思ってなかった~。




■UST配信環境を作る

Ust配信は別途こちらのページを参考にしました。
Ustreamでデスクトップ画面を動画配信する。 | 何かの部屋
すごいわかりやすい。すばらしい。

ここに書いてないことで気をつけることは
・関連ソフトを立ち上げる順番はFME→SCFH→最後にアマレコ等(キャプチャソフト)。
・タスクマネージャ→プロセスでアマレコとFMEの優先度をマルチタイム(高)にする

ここらへんはIRCでUSTの先輩方に教えて貰いつつチマチマやりました。
順番間違えるととにかく、音が出ない&FMEの画面にキャプチャ映像が投影されないの2つのトラブルが酷いです。
ここは本当に気をつけたいところです。




とりあえずスプリッタの機嫌が良かったり悪かったりはHDMI出力だとついて回るところのようなので
それ以外はとくに難しい問題もなく配信までいけました。

■これからやりたいこと

今度はここにPS3を追加したいけれど、
GSを挟まなくちゃいけなかったりいけなかったり
AVマルチケーブルを調達してこなくちゃいけないのでまた後程…
ファームウェアアップデートでV3.0から音声同時出力が出来るようになったのは嬉しいですね!
しかしまたケーブルが増えるなあ…。




■おまけ(録画したもの)

配信しながら一緒に録画したUst。1本目が長め、2、3本目はOPのみ録画。
正直少しでも画質上げたいなら音はもう96kbps以下のガサガサラジオ音質でも良い気がする。
とりあえず見られれば音は二の次なので、きつい時は音の方絞り目にすればいいのかな?
計1000kbps超えるとちょっと見る側にも大抵つらくなってくるので、
計800~1000kbpsぐらいが丁度良いのかなと見定めて、チマチマとゲームによって調整してます。
fps上げるとカクつきが出てくるみたいなのでこれ以上は自分の環境だと上げられないっぽい。


[Xbox 360] 魔人と失われた王国 DEMO(2011年01月20日発売予定)
900k/96kbps 29.97fps H264


車輪の国、向日葵の少女 OP
950k/96kbps 29.97fps VP6


ASSASSIN'S CREED OP
900k/96kbps 29.97fps H264



いろいろ教えてくれたみんな本当にどうもありがとう(´▽`)やっとここまでできるようになった!
関連記事

FC2ブログテーマ:周辺機器 ジャンル: コンピュータ
Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。