スポンサーサイト

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


[ゲーム][PC]PSPをキャプチャ出来るようにしてみた&PSP/Xbox/PS3の3機種キャプチャ体制にしてみた話

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
20101216.jpg
(*・▽・)MHP3発売されるねーPSPキャプチャ出来るようにしたいねー

というGT5とさほど変わらない流れでキャプチャ環境を追加する事にしました。

今回は新規購入や難しい接続が全く無くとりあえず環境を足すだけなのですが
いろいろ調べるうちにPSPをキャプチャ環境に追加するにあたって
気をつけなくてはいけない事がいくつかあったので
それのまとめも含めてエントリにしておきます。

長くなるので続きは追記で。

※今回のキャプチャ環境構築までの基盤の話は以下二つにあるので
参考にしたい方はひとまずどちらか近い記事に目を通して頂いてから
当記事をご覧になって下さった方がいいかもしれません。

★HDMI入力を主としたPS3とXbox2機の切替キャプチャ環境についてはこちら。
2010.11.29 [ゲーム][PC]Xbox360とPS3を切り替えて使えるHDMIキャプチャ環境を作りました
音声と映像の複数入力切替&複数出力機器についてとゲームスイッチについて少しだけ触れています。
いずれ機器を増やしたいと考えている方は機器を最初から複数入力切替&複数出力機器で揃えておくと
のちの増設のさいにスムーズに対応できます。


★箱○単品でのキャプチャ環境構築については過去の記事をどうぞ。
キャプチャ環境つくりたいよー!という方はまずこちらの方をご覧になって下さい。
2010.10.26 [PC]キャプチャーボードを導入しました
箱をお持ちの方でHDMIでキャプチャを行いたい方向けの環境です。




■自分の環境

PSP:PSP-2000
キャプチャ:MonsterX2(HDMI/D端子)
キャプチャ機:Windows Vista/36bit/quadcoreぐらい
ゲーム関係はテレビではなく、PCモニタでプレイしてます(※ココ重要)

■はじめに気をつけたいこと

それではPSPキャプチャ増設編と行きます。
今回PSPのキャプチャ環境を作るにあたってちょっと気になった点がいくつかあるので
まず最初にそれを列挙しておきます。

[1]PSP-2000から楽にキャプチャするには現状D端子入力しかほぼ選択肢がない
[2]PSP-2000は物理的にコンポジット出力・S端子出力ケーブルを繋ぐことが出来るがキャプチャには映せない
[3]PSP-2000をコンポジット/S端子出力でキャプチャしたい時はCFW(ここでは説明しません)が必須
[4]PSP-1000はちょっとあきらめるか3000買った方が早いかも
[5]PSP-3000はD端子・S端子・コンポジット端子どれからでもキャプチャが可能


ちなみにノートでも使用できるUSBタイプキャプチャボードはD端子入力が出来ないものが大半なので
(=D端子入力があるものは増設カード(PCIorPCIEx)型が大半)
ノートでPSPキャプチャをしたい方はCFWを導入してしまうかPSP3000を手に入れるかしないとちょっとめんどくさいです。

そこらへんのわかりやすい説明はここにあるのでイマイチ良く分かんない人はココも併せてどうぞー。
VIPで初心者がゲーム実況するには@ Wiki - PSP実況

CFWはエミュも興味ないしバージョンや亜種が乱立してるようだし
そのたびに細かい対応するのが面倒そうなのでわたし自身は入れてません。
たまにしか触んないのでこまめにお手入れ必要なCFWは逆に使いづらくなってしまうので…(・ω・)
PSP中心の生活だとCFWは便利そうなんだけどね。ごにょごにょ。

■接続しよう

そんな感じでわたしが所持してるのはPSP2000なのですが
2000シリーズはD端子入力でしかうまいことキャプチャが出来ないので
MonsterX2のD端子入力側を使用します。D端子入力さえ出来れば全く問題なし。

つかうケーブルは別途購入の必要があります。



PSP専用 外部D端子出力ケーブルを使用します。1500円ぐらい。
これをPSPに刺して、D端子をキャプチャカード部に差し込みます。

20101216_2.jpg
MonsterX2の背面はこんな感じ。HDMI側は据置器で使用してます。
今回はケーブルの先をD端子側に差し込みます。

■接続+プレイ時に気をつけたいこと

外部出力するにあたって注意しておきたいのが3つほど。
20101216_3.jpg 20101216_4.jpg
[1]外部出力時は右下の外部出力マーク(角丸□マークの刻印)を5秒長押しし
  液晶に「□→□」のようなマークが出るまで押し続ける(タダ押すだけじゃダメ)
[2]外部出力時には音声と映像はPSP側から一切出ない
[3]つまりキャプチャに出力された画面を見るか、映像を分配して別のモニタへ出力したものでプレイしなくてはいけない
[4]つまり音声信号をキャプチャへ出力しつつ、同時にプレイ用に聞ける状態にする必要がある


[3]は環境によって選択して下さい。
大きいテレビがあれば分配して大きい画面で見た方がやりやすいし、
分配が面倒なら適当な大きさでキャプチャ表示させてその画面を見ながらそのまま同時に配信もOK。

[4]に関して軽く説明します。
PCモニタに接続するならキャプチャマシンにステレオミキサーや再生リダイレクト等の
Lineinから入力された音をそのままPCから出力する機能が付いていればOK。
キャプチャに音を入力しながらそのまま再生リダイレクトで聞きつつプレイします。

もしもステミキが付いてない場合や、PCモニタ自体にスピーカーが付いていない場合は音声を2分配し
片方をキャプチャーボードへ、もう片方をスピーカーへ接続します。
アナログ音声二分配器なら安価でいろいろありますが
わたしは他の機器もスピーカーに入力切り替えして使っているので
これを使用しています。

4入力から1選択して2分配のタイプです。

画像でざっくり説明するとこんな感じ。
psp_oto.jpg
(※ステミキありの見た目が外部スピーカーありになってますがモニタスピーカーとしてください。)


■3機種切り替えキャプチャ環境

前回までの2機種キャプチャ環境はこちら。

360_2.png

この時点ですでにカオスなんですが
今回PSPを付け足して更にカオスに。


360+ps3+psp.jpg

こんな感じになりました。右側に少し追加されてます。

わたしのスピーカーは光デジタル/アナログ音声入力を切り替えて聴けるため
このような変わった配線になってますが
アナログ入力しかない場合は分配器を足したりいろいろ試行錯誤する必要あるかも知れないです
PCモニタとかにモニタスピーカー付いてて再生リダイレクトついてたら一番簡単でいいかも。
キャプチャに音流しつつそのままモニタスピーカーに流せるので。

キャプチャソフトはアマレコTV(表示サイズが容易に変更可能)か、くすのきTVPSP(表示させるまでが簡単)がおすすめです。
いろいろあるので自分にあった物をさがしてみてください。

■キャプチャ画面で直接プレイしてみて

最初は「キャプチャ画面で直接プレイするのちょっとやだなー慣れないなー」と思ってたんですが
いざプレイしてみたらこれがかなり快適。首も背中も丸めなくていいし手も曲げなくていい。
いつもの据置き機のゲームをプレイするのと同じスタイルであそべます。
逆に携帯機の特権ゴロ寝プレイが難しくなるけどそれはご愛敬で(´▽`)
サイズを変えればゲーム画面を見つつ脇目にチャット画面も表示できたりするし楽ちん。
最初こそ拡大画面のギザギザが気になりましたがプレイしてるうちにほとんど気にならなくなります。
配信や録画は元の小さいサイズでPSPの表示画面と何ら遜色がないので問題は無し。

実際こんな感じ。

m_201012112147254d0372dd5ad57.jpeg

こうやってみると普通のゲーム機と変わりませんね。
とっても楽です。まじおすすめ。

■気になる遅延は?

据置き機で気になるのが遅延ですが、携帯機だとほぼ無いと言っていいレベルです。
普通にプレイしてても遅延してるかどうか自体注意してても全く分かりません。
あまり携帯機自体でシビアなゲームもやらないのでこのレベルだと気にすること自体野暮な気がします。
表示がカクつくよー!っていう状況が起きた場合とかはたぶんPCスペックじゃないかなーとか
MHP3じたい動きがちょっとモッサリ感あるので尚更気にならないというマジック。

■おわりに

さてさて、今回も上手く文章で説明できる自信がさっぱり無かったので
画像にバリバリ頼ってしまいましたがいかがだったでしょうか。

あくまでもHDMI入力しかない環境で強引にキャプチャするための3機種構成なので
モニタ側がD端子入力できる物ならばこの限りではありません。
かなり変則的なつなぎ方ですがこういう感じでも行けるよーということで一つのご参考にして頂ければ幸いです。
(D端子は対応セレクタがかなり色々あるのでもうちょいスマートに繋げます)


思いついたらぼちぼち追記もしていきたいと思います。
関連記事

FC2ブログテーマ:モンスターハンターポータブル3rd ジャンル: ゲーム
Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。