スポンサーサイト

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


[ゲーム]キャサリンをプレイしてみた+ストーリー大筋など

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
20110302_01.jpg

待ちに待ったアトラスの新作「キャサリン」。

※画像30枚程度あります。続きは追記に。
概略のみでネタバレありません。購入の参考にでもなれば!


20110302_02.jpg
メガネが箱○版、金髪がPS3版。どちらもすてがたい。

最初はベスト盤が出るまで待っとこうと思ってたのですが
ちょっとした手違いでカッとなって購入してしまいました。

ストーリーは単純だけどめんどくさいので


「30秒&画像で理解するキャサリンのメインストーリー」!


20110302_03.jpg

ヴィンセント。32歳、プログラマー。
「そろそろ身を固めたい」と5年目の彼女に結婚を迫られて幾日。

20110302_04.jpg

ある日バーで出会った謎の女性、キャサリンと一夜を共にしてしまいます。

20110302_05.jpg

20110302_06.jpg

気づいたら朝チュン。
けど自分にそんな記憶は一切無し。
でもなんか朝起きたらヤバイ事になっている。

20110302_07.jpg

完全にシチュエーションで浮気確定な上
ちょっと怒りっぽい彼女ですから隠し通すことを決めたヴィンセント。

20110302_08.jpg

そんな中改まって彼女-もう一人のキャサリンに呼び出され

20110302_09.jpg

20110302_10.jpg

「できたかも。」
狙ったかのようにこのタイミング。

20110302_11.jpg

ヴィンセント焦る。
あの金髪の子と別れなきゃ、そして身を固めなきゃ…


20110302_12.jpg

しかし

20110302_13.jpg

思い出すのは彼女のことばかり…
それでも結婚は現実としてすぐそこに迫ってきている…。


そしていつもの通り
夜、ヴィンセントが眠りにつくと…

20110302_14.jpg

不思議ないでたちで夢の中をさまよいたどり着いた大扉。
開けるとそこには…


20110302_15.jpg

悪夢。

20110302_16.jpg

悪夢。

20110302_17.jpg

ニ・・ガ・・・サ・・・ナ・・イ!!

どこまでも悪夢



20110302_18.jpg

一説によると、悪夢にうなされる男性はどこからか「恨み」を受けているのだそう。
近頃それにより寝たまま衰弱死する事件が多発していることもあり
彼もいまその餌食になろうとしている。

というのが話の大まかな流れ。

そして

20110302_19.jpg

死にたくなければ夢の中で塔を登るしかない。

20110302_20.jpg

塔のエリアは3層1セットで1ステージ。

登り切ると「踊り場」にたどり着けます。
踊り場ではアイテムや登る為に必要な技の情報交換が出来ます。

自分以外はすべて「羊」の姿に見えてしまう悪夢の世界。
「羊」たちは現実の世界でお目見えしたり、交流できることも。

20110302_21.jpg

そして謎の人物にステージ毎に秤にかけられて…

20110302_22.jpg

結構キワドい質問も多数。
男女で結果が大分わかれそうですね。

20110302_23.jpg

オンラインで集計してくれたりしてちょっと面白い。

20110302_24.jpg

昼フェーズではバーで友人と飲んだり会話したり

20110302_25.jpg

悩みを話し合ったり。


20110302_26.jpg

ヴィンセントは基本イケメンなんですが
他のメンバーがそれを上回るイケメンなので
ダメ男感もあいまってヴィンセントが一番しょぼくれた感じのキャライメージに仕上がっています

20110302_27.jpg

相手を疑ってみたり。
だんだん睡眠不足になって目にクマが。
でもかっこいい。


…、と、こんな感じでパズル面とコミュ面を繰り返しながら昼夜を過ごし
最小的に複数あるエンディングのどれか一つにたどり着きます。

パズルはとってもむずかしい!!!
苦手な人は4面ぐらいで投げ出すレベル。
わたしも6面あたりで少々詰まってます(´Д`)



余談ですがロード画面。

20110302_28.jpg

時計が刻む針の音と+カウントされていく文字なので
平凡な 「now loading」とかと違ってあまり待たされている感覚がありません。
カウントされていくのでむしろワクワクします。
ここらへんはちょっといいなーと思いました。
うまく心理効果使ってるというか。




このゲームの特徴は、「中毒性」
キャサリンのマップはプレイごとにランダムに変わるマップではありません。
一度失敗しゲームオーバーになったところを何度も繰り返しプレイし
やっとクリアしたところに更に立ちはだかる難関、そして更にそこをクリアしていき増幅した爽快感を得る…という
次々と押し寄せる難関と快感の反復と連鎖が肝なんです。

むずかしければむずかしいほどクリアした時の快感は大きい。
そして次の難題も超えてやろうとついついムキになってやってしまう一連の動きができあがっちゃうんです。
更にストーリー展開が単純ながらもとても気になる作りになっているので
続きの展開をみたい!みたい!という強い気持ちがパズルを解く為の力を後押しします。
この人間の「やみつきになる」感覚をとてもうまく掴んで作られているゲームだなと感心してしまいました。

もちろん、その難関がむずかしすぎる場合、快感が得られず投げてしまう…という危険性もありますが
そこそこの簡単さでは恐らく大半がこの楽しさは得られないんじゃないかなと思います。
人によってバランスがむずかしいゲームですね。

何度もめげずに出来る人、キャラクタにのめりこみやすい人なら間違いなくオススメ。
もう少しで難易度調整パッチも出るので不安な人はそのあたりを狙うといいかもしれません。

どっちかと言えばストーリー自体は意外と男性より女性の方が楽しめるかも
浮気のさなかで素直であるがゆえに揺れ動いてしまう男性を客観的に見るのは
たぶん男性より女性の方がちょっと面白いんじゃないかな?とか。
あとイケメンも無駄に出てくるのでそこらへんも。オーランド最高。

総合して好き嫌いは出てきますが、個人的にはストーリー部をかなり加味してオススメのゲームです!


関連記事

FC2ブログテーマ:Xbox360 ジャンル: ゲーム
Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。