スポンサーサイト

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


[写真]新地駅のパノラマ画像

 
※ブログ移転しました。こちらは過去のブログです。※
新地駅 パノラマ
プラットフォームから仙台方面を望む

↓原寸画像(幅10000px超です。大きいので注意)
http://www.flickr.com/photos/wakkk/6098833046/sizes/o/in/photostream/

右側が海方向。左側が内陸側です。
向かいの並んだブロックのようなものが、前回のエントリの写真にあるとおり
線路脇の壁だったのが分かるかとおもいます。
原寸だと分かるんですが右側は海沿いの松林が根こそぎなくなっています。
左側の住宅も骨組みはあるものの1F部がすべてありません。空き家です。

新地駅

新地駅

新地駅
おそらく誰かが後で拾い集めて並べたであろう地域看板

新地駅

新地駅

新地駅

ここからどうでもいい話

物心つく前から中学生まで、とある事情で隔週1回程度は週末に新地にある祖母の家に行く事になっており
頻繁にここから電車に乗っていたのを今でも思い出します。
このアングルから、いつも東京方面からやってくる下り列車を待っていました。

無人駅で、ダルマストーブとベンチだけのシンプルな待合室で
半野良猫のような飼い猫が3匹ほど常に待合室のどこかで寝ていました。
東京に住んでからはこの路線に乗る機会もほぼ無くなってしまいましたが
ほぼ毎週のようにここで小さい頃電車を待っていた、という記憶が鮮明に残っていて
わたしにとっては新地のみならず新地駅も思い出深い土地になっています。

いまは新地の内陸寄りにある親の実家も空き家になってしまっていますが
そこから道路を挟んですぐそこの新地町役場まで津波が来ていたという状況を見てかなり驚きました。
土地勘ハンパにあるからこそ「どうしてここまで津波が来るんだ」という気持ちが大きいです。
役場自体も10数年前に新築したからいいけれど、古いままだったらきっと流されて町の機能なくしてただろうな。

また何度か福島には行く機会があると思うので
出来るだけ色んな物を見てきたいと思ってます。
関連記事

FC2ブログテーマ:写真日記 ジャンル: 写真
Twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 facebookでシェア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。